高く売れる時期

高く売れる時期

不動産にも高く売れる時期とそうではない時期というのはご存知でしょうか。
とくにマンションの売却の場合には、高く売れる時期に売却をすることで、100万円以上の価格差が出てくると言われていますんで、マンションの売却を検討しているときには時期を良く考えて売却活動を行う必要があります。

 

最もマンションが高値になると言われているのは2月〜3月で、この時期は転勤や新入学、就職などによって引っ越しを控えている人が非常に多く、不動産購入を考えている人が多い時期になります。
しかし、マンションを売却する場合には、この2月〜3月ではなく、その前に売却活動を開始する不必要があります。

 

例えば、家族で引っ越しを考えてい居るという場合には、大型連休であるお正月休みなどに不動産の下見を考えているという人は意外に多くこの時期にすでに売却活動が開始されていると、内見者が多くマンションの売却がスムーズに行われやすくなってきます。
とくに、売却後に買主がリフォームを施して居住する期間を考えると、11月〜12月に売却活動を開始することが望ましいと言われています。

 

また、不動産会社各社も、大型連休には販売活動を活発化させるためにイベントなどを頻繁に行う傾向があり、それだけ購入希望者が不動産会社に集まってきます。
この集客が多い時期にどれだけ内見者に見てもらい、売却物件のアピールを行うことが出来るかという点は重要になってきます。
この年末の時期以外では、やはり大型連休であるGWが控えている4月〜5月、夏休みの7月〜8月が高く売れる時期になってきます。

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<