不動産売却の手数料について

不動産売却の手数料について

不動産を売却するときには、一般の人の場合には通常不動産会社に仲介を依頼して売却活動を行ってもらうことになります。
とうぜん、不動産会社に仲介を依頼して売却が成功した場合には、不動産会社に対して手数料を支払うことになります。
ちなみに不動産会社に支払う手数料は成功報酬になるため、不動産売却が成功した場合にのみ支払うもので、不動産の売却が出来ないときには手数料を支払う必要がありません。

 

不動産会社が仲介手数料を請求することが出来るのはあくまでも売買契約が成立した時で、さらに一般的な営業活動で発生した販売活動に係る経費は手数料として請求できないということになっています。
ただし、依頼者の希望によって通常の営業活とは異なる営業活動を行った場合には実費が請求できるようになっています。

 

仲介手数料についても、不動産会社が請求できる金額については上限があります。
この仲介手数料については取引額によって上限が決まっており、取引額が200万円以下の場合には取引額の5.25%以内、取引額が200万円〜400万円以下の場合には取引額の4.2%以内、取引額が400万円以上の場合には3.15%以内となっています。
これは宅地建物取引業法によって定められていますので、もしこれ以上の仲介手数料を請求して来たり、広告費用などを請求してくるような不動産会社があった場合には注意が必要になります。また途中で営業活動費を請求してくるような業者についても注意しましょう。

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<