売る前にリフォームした方がいいの?

売る前にリフォームした方がいいの?

マンションの売却を検討するときには、まず現状のまま売り出したほうが良いのか、リフォームを施してから売り出しをした方が良いのかということで迷う人も多いと思います。
実はこの売却前のリフォームですが、2つのパターンがあると言われています。

 

まずは築年数が浅く、使用状態も良好で、基本的にはすぐに済み始めることが可能な場合と、築年数が経過しており、おそらく次に住む人はリフォームが必要になるであろうという場合です。
前者の場合で、すでに売却を検討している不動産が空き物件であるのであれば、水回り程度のリフォームであれば行っておいた方が買い手にとってはすぐに住みはじめることが出来る魅力的な物件であると考えられるためおすすめです。
リフォーム代金も高額になりにくく、売却価格に上乗せをしたとしてもさほど大きな金額になりにくければ、成約率も高くなります。

 

また、リフォームまではいかないにしろ、ハウスクリーニングを実施するだけでも十分に魅力的な物件になることもあります。
大規模なリフォームが必要になるよう場物件の場合には、現状引き渡しの方が良いケースもあります。
大規模なリフォームではそのリフォーム代金を上乗せすることが難しい場合がありますし、最近では自分好みにリフォームを行いたいために、築年数が経過した物件を探しているという人もいますので、リフォームをしたことによって逆に売却ができないというケースもあります。

 

リフォーム見積もりならこちら

↓↓↓

 

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<