マンション売るのと貸すのはどっちが得?

マンション売るのと貸すのはどっちが得?

マンションの場合、売る方が得なのか、貸す方が得なのかで迷う人も多いようです。
どちらか迷うという場合には、まずそのマンションの立地条件を考えてみる必要があります。
マンションを売却した場合には、売却益は得ることが出来ますが、資産を失うというデメリットがありますが、マンションを貸した場合には資産は残るメリットがあり家賃収入を得ることが出来るというメリットがあるものの、空室になったときには収入を得ることが出来ません。

 

つまり、そのマンションが空室になる可能性が高い立地なのか、空室にならない可能性が高い立地なのかという点がマンションを売るのか貸すのかを見極める最大のポイントです。

 

こういったことは専門家でないと私達には分かりません。
しかし、無料で家賃の相場が分かったり、マンションの売却査定が分かるサービスがあります。

 

無料一括査定で家賃が分かります

↓↓↓

 

 

無料一括査定で売値が分かります

↓↓↓

 

こういった無料でできるサービスを上手に利用しましょう。

 

例えば、駅に近い物件で賃貸のニーズが高いエリアであれば、賃貸物件としてマンションを貸したとしても空室率が少なく利益を得ることが出来ると考えられますが、近所には賃貸物件も少なく人口の流動も少ないようなエリアでれば、一度空室が発生してしまうとなかなか次の借り手が見つからないという事態が続きやすい物件であるとも言えます。つまり賃貸にするにはリスクが高い物件です。
このような物件であれば売却をした方がよいと考えられます。

 

売った方が良い物件なのか、貸したほうが良い物件なのかというのが見極めが難しい場合には、不動産会社に相談をしてみることも大切です。
不動産仲介を行っている会社であれば、売却した場合の売却益と、賃貸をした場合の利回りや収益率などを計算をするなど相談に乗ってもらうことが可能です。

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<