売ったときの税金は?

売ったときの税金は?

不動産を売却した場合に気になるのが税金です。
では、不動産を売却したときの税金というのはどうなっているのでしょうか。
基本的にはマンションなどの不動産を売却した時に、購入したと距離も低い価格でしか売却が出来なかった場合には譲渡損が計上されますので、所得税や住民税は課税されません。
逆に、購入した時の価格よりも売却したときの価格の方が高かった場合には譲渡益が出るため所得税と住民税が課税されます。

 

また、課税される税率は、不動産物件を所有していた期間によって異なります。
所有期間が短期、つまり譲渡の年の1月1日時点で所有していた期間が5年以下の場合には、税率は39.63%(所得税30.63%、住民税9%)5年以上の場合には20.315%(所得税15.315%、住民税5%」になります。
つまり、取得してから5年未満の場合には税率が高くなります。

 

売却する不動産がマイホームなのかそうではないのかという点でさらに税金は変わってきます。
売却するマンションがマイホームで、所有期間が10年以上の場合には、税率が低くなります。
さらに、不動産を売却した場合には、特別控除が適用になります。
この特別控除の内容はかなり細かく規定されていますので、個々のケースによって異なってきます。
素人がその全容をしっかりと理解するのはとても難しいようです。
細かい計算は不動産会社にお任せしてしまいましょう。マンションを売る場合、所有年数をしっかりと確かめることが税金を安くする方法であるということは確かですので、この点だけは把握しておきましょう。

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<