売却の流れ

売却の流れ

マンションを売却する時の流れを紹介してみたいと思います。
まずは売却を検討しているマンションの売り出し価格などを決定するために、どの程度の価格が妥当なのかという査定を行う必要があります。
査定は不動産会社に依頼をしますが、不動産会社によって査定に差がありますので、複数の不動産会社に査定依頼をするようにしましょう。
査定金額に納得がいき、信頼性がある不動産屋さんに本格的な物件の確認と調査、査定をお願いします。
簡単な査定では分からない部分がありますので、実際の物件の査定を詳細に行ってもらい、売り出し価格を決定します。

 

また、不動産会社と媒介契約を締結し、いよいよマンション売却の売り出し・営業活動を開始させます。
営業活動は基本的に不動産会社が行います。
媒介契約の内容によって異なりますが、専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合には、レインズに登録して幅広く営業活動を行ってもらうことが出来ます。

 

購入希望者が見つかると、実際の物件を見学する内見が行われます。
ここで物件のメリットなどを紹介しますが、デメリットについてもしっかりと伝えることでのちのちのトラブルを避けることが出来ます。
購入希望者が実際に購入の意思を表したら、価格や引き渡し条件などをしっかりと打ち合わせをして不動産の売買契約の締結となります。
売買契約締結後には引き渡しの準備を行い、最終的に売買代金の決済が行われて物件を買主に引き渡しをして売却が終了となります。

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<