買取保証とは

買取保証とは

不動産を売却するというのは意外に思うようにいかないというケースがあります。
売り主が希望をする売却価格で売却が出来ないケースが、なかなか買い手がつかないケースなど様々です。
しかし、売却をするのであれば出来るだけ早く売却をしたいというのが不動産売却の本音ですよね。
そのような時に利用したいのが買取保証という制度になります。
この買取保証というのは、もし売却のための営業活動を行ったとしても不動産物件が売却が出来ない場合には、不動産会社がその売却物件を買い取るという制度になっています。
一見とても便利な制度のようですが、実はとても注意が必要な制度でもあります。
まず、買取保証で買取ってもらうことが出来る価格というのが、通常不動産会社が査定をした価格より下回ることが多くなります。

 

不動産会社は売却できなかった物件を買取、独自にリフォーム直を行って転売をします。
このとき、通常リフォーム代金を上乗せして転売をすることになりますが、このリフォーム代金を上乗せしても市場価格に近い価格で売り出すためには、売主から安く買い取ることが必要になります。
つまり、査定額よりも大幅に値下がりした価格で売却をすることになってしまうケースが多くなるということです。
マンションを売却することが出来るというメリットは高く、次の物件購入のための資金調達の心配が減るという点もメリットですが、売却額が低くなるというデメリットを含んでいます。

 

 

 

>>マンション売るなら一括見積もりランキング<<